【レインボーシックス シージ】5m/10m/15m/20mの敵の大きさ

『レインボーシックス シージ』で“どのくらい離れたらどのくらいの大きさで敵が見えるのか”が気になったので、実践では1個も使えないと思いますが記事にしてみました。

 IQちゃんのデバイス探知機の効果範囲が20mなので、5m/10m/15m/20mごとの画像となります。場所は大統領専用機、我らが小隊長に協力してもらって撮影しました。

 それでは、どうぞ!


■5m:割とデカい!

▲5mの距離。これで見ると、意外に5m以内で交戦することもよくあるんじゃないか、と思いました。

▲5mの距離。これで見ると、意外に5m以内で交戦することもよくあるんじゃないか、と思いました。

▲実際にはこのくらいの距離感。以外にデカい。

▲実際にはこのくらいの距離感。以外にデカい。

 ラウンド終了間際とかでは、5m以内の交戦がほとんどじゃないかって印象の大きさですね。まあ、Twitchでやってるのでもっと背が高いオペレーターだったら、より大きく見えるんでしょうね。


■10m:一転、遠く感じる

▲10mの距離。今度は5mの場合と違って、思ったより小さく感じます。

▲10mの距離。今度は5mの場合と違って、思ったより小さく感じます。

▲腰撃ちの状態で見ると、「こんなの腰撃ちじゃ絶対当たらんわ!」って距離ですね。

▲腰撃ちの状態で見ると、「こんなの腰撃ちじゃ絶対当たらんわ!」って距離ですね。

 10mだと、ADSしないと当たらなさそうですね。この距離くらいで確実に当てられることが、撃ち合いで勝てるようになるコツでしょうか。

■15m:リコイルコントロールの距離かな?

▲15mの距離。リコイルコントロールが必要そうです。まだ、ふるぶっぱしてもいけそうっちゃいけそうですね!

▲15mの距離。リコイルコントロールが必要そうです。まだ、ふるぶっぱしてもいけそうっちゃいけそうですね!

▲腰撃ち状態。リスキル狙うときは、15m~20mくらいの距離感なんですかね。リスキルほとんど狙ったことないので、わかりませんが。

▲腰撃ち状態。リスキル狙うときは、15m~20mくらいの距離感なんですかね。リスキルほとんど狙ったことないので、わかりませんが。


■20m:指切りとリコイルコントロール!

▲20mの距離。これはもう指切りとリコイルコントロール必須でしょ!

▲20mの距離。これはもう指切りとリコイルコントロール必須でしょ!

▲腰撃ち状態で見ると、より遠さがわかりますね。自分はエイム絶無なので、この距離はもう交戦しません!

▲腰撃ち状態で見ると、より遠さがわかりますね。自分はエイム絶無なので、この距離はもう交戦しません!

▲20mだけADS状態での画像も撮ってみました。これは銃の拡散率もあると思いますが、当てづらそうです。

▲20mだけADS状態での画像も撮ってみました。これは銃の拡散率もあると思いますが、当てづらそうです。

 この距離は結構当てるのも倒し切るのも時間がかかるんじゃないでしょうか。でも、この距離の交戦が難なくできるようになれば、リコイルコントロールも指切りにも慣れて、たくさんキルが取れるようになるってことなのかな、とも思いました。

 今まで避けてきたレンジですが、ちょっと違った立ち回りにも挑戦してみようかと思う主宰・itra(いとら)でした。


 いかがだったでしょうか。距離によって撃ちやすく感じたり、撃ちづらく感じたりといろいろあるものですね。
 もし、何かの参考になるようでしたら活用してもらえると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA