【BF1】兵科別! スーパー初心者が速攻でチーム貢献する方法

『バトルフィールド1』でFPSデビューを果たした人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、今回はスーパー初心者の方でもチームの勝利のために貢献する方法をご紹介したいと思います。兵科別です! そして、突撃兵以外はウルトラ簡単です! 基本編も読むと効果倍増は間違いなしでしょう。

20161110_beginner_08

<目次>


■正直一番難しいかもしれない突撃兵!

 突撃兵でプレイしてチームに貢献できること、それは敵ビークルの破壊でしょう。そしてガジェット的に最も簡単なのは、対戦車地雷です。

 もう1個のガジェットには、対戦車ロケットガン対戦車グレネードを装備します。最初は玉砕覚悟でどちらも使ってみて、自分の使いやすいほうを装備すれば良いと思います。対戦車グレネードぶん投げセンスは練習と立ち回りを覚えて身につくと思うので、基本的には対戦車ロケットガンでいいかと思います。対戦車ロケットは伏せたり、窓枠などにひっかけたりしないと撃てないので注意してくださいね。

 戦車地雷は戦車が通りやすそうな道に置きましょう。この“戦車が通りやすい道”ですが、ある程度経験値が必要です。大体は大きい道を通りたがるものなので、拠点に近い大きな道に設置しておくのが良いでしょう。

▲3つを近くに置いておくことで、戦車を一気にぶっ壊せます。

▲3つを近くに置いておくことで、戦車を一気にぶっ壊せます。

 対戦車グレネードを重戦車にヒットさせる場合は、当てる部位によってダメージが変わります。後ろに回り込んで撃てれば最高ですが、最初はそんなことはまったく意識の外に置いて当てることに集中しましょう。

 歩兵にとって戦車は大きな脅威です。しかし、地雷1個、ロケット1発当てるだけでも戦車にとっては脅威となります。できるだけビークル、特に戦車にダメージを与えて、撤退させたり破壊の手助けをしてチームに貢献しましょう。

▲弾道落下と偏差射撃には少しだけ慣れが必要です。

▲弾道落下と偏差射撃には少しだけ慣れが必要です。


■状況把握力が上がるかもしれない看護兵!

 看護兵は看護すればチームに貢献できます! いや、簡単なんですよ。まずは包帯ポーチ、もしくは応急箱をたくさん投げましょう。ダメージを受けた兵士がいたら投げる、ダメージを受けた兵士がいたらまた投げる、それだけでもうすでに大きなチームに貢献です。

 ちなみに、包帯ポーチも応急箱も、回復途中でダメージを受けると回復がストップしてしまいます。さらに、包帯ポーチは移動しながらも回復できますが、応急箱は一定範囲にとどまっている味方しか回復できません。個人的には1人ずつしか回復できませんが、包帯ポーチを推したいと思います。やはり、移動しながらも回復ができるというのは大きいです。

▲定型文でも「ありがとう」と言われると嬉しいものです。

▲定型文でも「ありがとう」と言われると嬉しいものです。

 ちなみに、1度に投げられる包帯ポーチは2個。2個置いたら少しだけ時間を空けないと次の包帯ポーチを投げられません。応急箱は1個で、時間を空けて再度設置すると前に設置した応急箱は消滅します。まあ、この辺のことは気にせず、目の前に負傷している味方がいたらガンガン回復していきましょう!

 さて、もう1つのガジェットには医療注射器を選択です。死亡した味方にはドクロマークがつくので、ジャンジャン蘇生しましょう。ここで注意しなければならないのが、味方を蘇生してすぐにその味方が死んでしまわないかどうかです。蘇生は周りの状況を若干考慮して行いましょう。

▲蘇生には成功しましたが、このあと普通にデスしました。

▲蘇生には成功しましたが、このあと普通にデスしました。

「これ蘇生しに行ったら確実に死ぬな」って場合は行かなくて良いです。この判断をするために周りを見ることによって、“どこに敵がいるか”や“何人いるか”といった情報を集めようとするので、状況把握力が上がるかもしれません。


■縁の下の力持ちは援護兵!

 援護兵も看護兵同様にウルトラ簡単です。基本的には、弾薬を配布していればOK! これだけでチーム貢献できます。弾薬の配布ができるガジェットは2種類あって、弾薬ポーチ弾薬箱です。弾薬ポーチは移動しながら弾薬の補充ができ、弾薬箱は置いた弾薬箱から一定範囲の味方の弾薬を補充します。

▲置くだけ簡単!

▲置くだけ簡単!

 看護兵と同様に弾薬ポーチは最大2個、弾薬箱は最大1個しかおけません。看護兵ではポーチを推しましたが、援護兵は弾薬箱で良いと思います。自分の弾薬が減ってきたら置く置いておけば、勝手に弾薬を補充してくれます。とにかく“弾薬箱を置く”ということを忘れないようにしましょう!

 そして、もう1つはリペアツール。これは弾薬箱より少し難しい、と言うかデスと隣り合わせですが、チームの貢献度としてはとても高い部類に値すると思います。

 何回かプレイしていれば分かると思いますが、『BF1』のコンクエストが戦車が絶大な存在感を発揮していますよね。見つかったら吹っ飛ばされるみたいな。でも、存在感がハンパじゃないだけに狙われやすいのですよ。航空機から狙われ、突撃兵から狙われ、歩兵を処理している間に野砲に狙われ、と、いろいろな方法で敵は戦車にダメージを与えようとします。

 そこでリペアツールの登場です。ある程度賢明な運転手の人が操縦をしていれば、状況やダメージを見て一時撤退してくれます。そのタイミングでリペアツールで戦車の外側から修理をしてあげましょう。

▲ガスマスクの装着は忘れがち。

▲ガスマスクの装着は忘れがち。

 運転手も修理をできますが、乗ってる人が修理するよりも外側から修理をするほうが回復スピードが断然早いのです。そのときは、敵がいるであろう方向から修理をするのではなく、戦車を盾にして修理をしてください。敵がいる方向に背を向けて修理すれば、当然デスします。

 ガスマスクを装着して修理すると、敵がガスグレネードを投げてきても問題なく修理できます。さらに、戦車が動かずに周囲を警戒しながら修理完了を待っていてくれそうであれば、伏せて修理すると修理中のデスが減ります。

 あとは固定武器も修理できるので、見かけた固定武器にダメージが入っていたら修理しておくと良いでしょう。特に対空砲はツェペリン号(飛行船)に対抗できる限られた手段の内の1つですので、気を付けてあげておいてください。ちなみに、味方陣地よりの固定武器は直さなくていいです。敵の縁の下は持たなくてダイジョーブ!


■いつでも嬉しいスポットは偵察兵の十八番!

 偵察兵でのメインのチーム貢献はスポットです。そして、偵察兵にはスポットのための最適なガジェットがありまして、その名もフレアガン(スポット)! 「ポンッ」という小気味の良い音と一緒に、弾が飛び出て着弾した地点から一定範囲の敵を自動でスポットしてくれます。

 2発しかないですが、「ポンッポンッ」とやるだけで、味方に敵の居場所を教えることができるハイパー便利ガジェットです。

▲フレアでスポットされる範囲は、左下のミニマップにうっすらとした白い円で表示されます。

▲フレアでスポットされる範囲は、左下のミニマップにうっすらとした白い円で表示されます。

 フレアガン(フラッシュ)というガジェットもあるので、間違えないように装備してください。まあ、初期装備でスポットの方になっているから大丈夫だとは思います。

 チーム貢献できるのはほっとんどフレアガン(スポット)だと思うのですが、一応もう1個チーム貢献できるガジェットがあります。こちらも初期装備ですが、K弾です。

 敵ビークルへダメージを与えることができる弾丸ですが、1発ずつ手込めなうえ、至近距離から複数人で撃ち込まなくてはいけないため、偵察兵の立ち回り上難しいでしょう。遠くから当てておくだけでも少しは意味があると思うので、お手空きの際には敵の戦車や飛行機に撃ち込んでおいてあげてください。


 以上、兵科別でスーパー初心者の方がチーム貢献する方法を紹介しました。チーム貢献しながら、少しずつ立ち回りや撃ち合いでの勝ち方を習得していけば良いと思っています。

 例えデスが多くたって、上で書いたチームへの貢献ができていれば決して足手まといなんかじゃありません! チーム貢献するだけでも、勝てばなんとなく「この勝利は自分の貢献あってこそだ」みたいに思えますからね。これは『BF4』で1000近いデスを返上してやっとキルレ1になった人の意見です。

 それに、それにですよ? そりゃあスーパー初心者であればデスしまくるのが普通です! 最初から20キルも30キルも取れる人なんていないですから。チームに貢献して、どっぷり優越感に浸りましょ! ということで、戦場で会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA