【BF1】援護兵のオススメ汎用装備

 以前、援護兵の武器、M1909 Benet-Mercie(望遠)を最もオススメの武器として紹介しました(記事はこちらを参照)。今回は、そのM1909 Benet-Mercie(望遠)を含めたうえで、セカンダリーやガジェットはどんな装備だとコンクエストにおいて汎用性が高くなるのかを紹介したいと思います。

 筆者は大体どのマップでも下記の装備で出撃しています。戦車が登場しないARGONNE FORESTでは、リペアツールを迫撃砲(空中炸裂)に切り替えています。しかし、ほとんどのマップでは下に記載した装備の汎用性が非常に高いと思います。ぜひ、参考にしてみてください。

 ちなみに筆者の腕前はと言えば、キルレが1を割っていないというだけの平凡な腕前です。そんな筆者でも「汎用性が高い」と言える装備です。


■基本的には中距離交戦を意識

20161107_support01

  • メインウェポン:M1909 Benet-Mercie(望遠)
  • セカンダリ:Bull Dog Revolver
  • ガジェット1:弾薬箱
  • ガジェット2:リペアツール
  • グレネード:ガスグレネード
  • 格闘:つるはし
▲アタッチメントは3倍サイト、ビーム・レティクル、反動中央で運用しています。

▲アタッチメントは3倍サイト、ビーム・レティクル、反動中央で運用しています。

 この装備が得意とする交戦距離は、基本的には中距離です。基本的には“待ち”での戦いが多くなるので、できるだけ敵の意識が外れていると思われる場所で待ちましょう。M1909 Benet-Mercie(望遠)にはバイポッドが付いているので、伏せたり窓枠などにバイポッドを展開して攻撃するのが理想的です。


■セカンダリは近距離戦闘を意識

 セカンダリにはリボルバー式の拳銃、Bull Dog Revolverを選択しています。これは、M1909 Benet-Mercie(望遠)が近距離での戦闘が不得意な一方で、Bull Dog Revolverが近距離戦闘に適しているからです。1発のダメージが全セカンダリウェポンの中で2番目に高い50という数字を持っています。
 ちなみに、セカンダリウェポンの中で最も高いダメージを誇るNo.3 Revolverは、突撃兵の兵科ランクを10にしないといけないので、ほぼほぼ看護兵と援護兵しかやっていない筆者にはまだまだ手に入らない逸品となります。いつかは、使ってみたいです。

▲デフォルトでは倍率1.25倍になっていますが、等倍(1倍)で運用。デフォルトの状態だと当てづらかったです。

▲デフォルトでは倍率1.25倍になっていますが、等倍(1倍)で運用。デフォルトの状態だと当てづらかったです。


■ガジェットはチームのために!

 ガジェット1は弾薬箱です。弾薬ポーチでもいいかと思うのですが、例えば細い通路にポーチを置いた場合は1番最初に通過した人の弾薬しか補充されません。それよりも、通りすがる人全員が弾薬補充できたほうが得だと思うので、弾薬箱にしています。なので、基本的に弾薬箱は自分自身が必要としていない場合には、狭い通路のようなみんなが通りそうな場所に投げています。

 余談ですが、看護兵は包帯ポーチのほうが使いやすいんじゃないかと思っています。

 ガジェット2のリペアツールがミソです。最近は少しずつ装備する人が増えたように思いますが、まだまだ少ないと思います。理想は迫撃砲と半々くらいでしょうか。とにかく、『バトルフィールド1』のコンクエストは戦車による制圧力が高いですよね。壁の向こうから重戦車が現れたときなどは絶望すら感じます。
 しかし、そんな戦車も敵の攻撃を一身に受け続けてしまうとすぐに破壊されてしまいます。そんなときは捨て身の援護兵となって、敵の死角となるポジションから戦車を修理してあげましょう。戦車の生存率を上げることは勝利にもつながっています。

▲戦闘中の修理は決死の覚悟!

▲戦闘中の修理は決死の覚悟!

 また、リペアツールを持った援護兵が戦車についていてあげることで、戦車 vs 戦車の撃ち合いで勝てる可能性が格段に上がります。戦車の運転手が間違えなければ、ほぼ撃ち勝つことができるでしょう。


■ガスグレネードで索敵!

 グレネードにはガスグレネードを装備しています。これは2個持てるうえに、策敵の効果もあるからです。先ほども書いた通り、M1909 Benet-Mercie(望遠)は近距離での戦闘が苦手です。そして、近距離での交戦が多くなるのは家屋の中での戦闘でしょう。家屋の外側からガスグレネードを投げ入れ、ヒットマークが出たらガスマスクを装着し、セカンダリに切り替えて侵入します。

▲視界を悪くすることもできるうえ、強制的にガスマスクを装着させることもできます。

▲視界を悪くすることもできるうえ、強制的にガスマスクを装着させることもできます。

 既知だとは思いますが、弾薬箱からグレネードは補充できます。今のところ、時間を空ければ投げ放題といった感じです。ガスグレネードは火炎放射兵や警戒兵などのピックアップウェポンを装備した兵士に対しても非常に有効なので、敵がいると思ったらバンバン投げちゃっていいと思います。


 ということで、今回はM1909 Benet-Mercie(望遠)を中心に据えた装備を紹介しました。格闘については好みかな、と思いますので好きなもので良いと思います。筆者はつるはしに最高にロマンを感じているだけです。
 みなさんの立ち回りを鑑みてカスタマイズをすると、より楽しく戦場を駆け回れるはずですのでいろいろな装備を試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA