【アズールレーン連載・第3回】“ケッコン”システムのメリットを知る

シェアする


 どーもどーも、itra(イトラ)です!

『超次元ゲイム ネプテューヌ』のコラボ、1月26日(金)かららしいですね! 楽しみでござる~。それよりも今は愛宕さんの好感度上げに勤しんでいるitraさんですが、今回初めて知ったことがあったので記事化します。

「愛宕さんとケッコンしました!」って記事じゃないのは、この記事が「ケッコン記事」より前じゃないと意味ないからです!

▲寮舎でハートを出す愛宕さん可愛い。

 もう9割5分の指揮官のみなさまはご存知のことにして当たり前のことだと思いますが、“ケッコン”システムには大いなる恩恵、メリットがあるんです! そもそも、好感度によってステータスアップすることを知らなかった私ですが、好感度の状態を「愛」にすることで、ステータスが6%アップするとのこと! これは大きいメリットですよね。「愛」つまり、好感度にして100です。

 しかし、ケッコンをすることでこの好感度の上限値がアップ! なんと200まで好感度をあげることができるそうです!!

 あ、そうです。人に聞いた話です。

 好感度が200ってことは、12%くらいステータスが上がるらしいですよ! これを聞いて一瞬思ったんです。多重コンすれば、艦隊がむちゃんこ強くなるんじゃないか……ってね。

 いや、でも待てよ。このゲームを始めた理由は、「勝ちたいから」「強くなりたいから」じゃなかったはず! そう。このゲームをプレイした目的は、「愛宕さんを愛でたいから」! はい、多重コン案即撤廃。秒で手のひら返ししました。

 ってことで、私、itraは愛宕さんとだけケッコンします! それだけを目指します!! 性能だけじゃないんです。キャラクターへの愛なのだよ、諸君。分かってくれる同志の指揮官は少なからずいるんじゃないかなー。むしろ、いて欲しい!

 んじゃ、最後に愛宕さんの現在の好感度をば!(次こそ、「愛宕さんとケッコンしました」記事だっ)

 それでは、良き指揮官ライフを!

シェアする

フォローする