謎が解けない『初音ミク -Project DIVA- X』(PS Vita)

 PSPで発売された『初音ミク -Project DIVA- 2nd extend』以来、AC(アーケード)を含めてプレイしている『DIVA』シリーズ。PS Vitaで発売された『f』はACに熱中し過ぎて飛ばしてしまっていたので、コンシューマでは久しぶりに『DIVA X』を購入しました!

 1度は飛ばしたくせに、発売前から楽しみで楽しみで仕方なかった本作。と言うのも、PVで使われていたryo(Supercell)氏の描き下ろし曲『罪の名前』と、ミクさんのモジュール・カンタトリスが素晴らしくイイ! ボーカロイドでは胸の関係でMEIKO推しですが、このカンタトリスについてはまた別物です。

20160329_divax_06

 そういった理由もあって、発売前から決めていたことがあります。

 それは、“パフェ1曲目をミクさんのカンタトリスで『罪の名前』で取る”こと。これだけは譲れない、と思いました。幸いなことに、『罪の名前』のEXをプレイしたところ、そんなに難しくない。少し練習すれば比較的簡単にパフェを取れそうでした。

 しかし、問題はモジュール・カンタトリスです。今回からかどうかは『f』をプレイしていないので分かりませんが、買う方式ではなくエリアクエストで楽曲をプレイして、楽曲の途中にある特定のゾーンで一定以上の成功率を収めると、セットしているボカロのモジュールがランダムでもらえるというシステムになったのです。つまり、お目当のモジュールが出るまでプレイしないといけないし、出現したモジュールがカブる可能性もあるということ。このランダム性ゆえに、カンタトリスを出すのに結構時間がかかりました。 本当はめーちゃんでプレイしたいのに、延々ミクさんでプレイを続けること2日。3月26日にポロッとカンタトリスが出てきたので、いよいよ『罪の名前』のパフェを取るフェーズに移行しました。

▲これ、いいでしょ!

▲これ、いいでしょ!

 案の定、そんなに苦労せずパフェを獲得! ついにめーちゃんで遊ぶことができるようになったわけです。次の狙いを『独りんぼエンヴィ』に定めて練習。何回か終盤の終盤で外してしまいましたが、『罪の名前』と大差ない難易度だったので、割とすんなりとパフェが取れました。

20160329_divax_01

20160329_divax_02

 なので、現状でのパフェ曲は2曲、『罪の名前』と『独りんぼエンヴィ』です。今は『すろぉもぉしょん』のパフェを目指して練習中!

20160329_divax_03

 たまにFPS以外のゲームをやると、適度に息抜きができて良いですね。オンラインマッチにつかれた心に染み渡ります。というわけで、まだまだ『DIVA X』はプレイしていきますよ!

20160329_divax_05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA