3月21日~3月27日までの「1日1戦シリーズ」まとめ

「1日1戦シリーズ」、スタートして2週間が経過しました(シリーズの概要はコチラ)。“継続”が力になることを期待しての企画です 。つまり、他のゲーム(『R6S』や『BF4』)のプレイ時間を減らさずに上手くなりたいということ。

 今回は、2週間目の戦いを振り返るとともに、これまでの戦績を残しておきたいと思います。

■蹂躙の30デスから希望の19デス、そしてUEV破壊へ

 8日目、毎日デスを献上しているだけにも関わらず、なんだか楽しくなってきちゃって意気揚々と戦場に乗り込んだ筆者ですが、待っていたのはキルストの嵐。リスポーンしてはやられ、リスポーンしてはやられ、の繰り返しでした。心が折れることはありませんでしたが、逆にキルストまみれにする側に回ってみたいという気持ちが強くなりました。

 30デスをかました翌日(9日目)は、少し希望が見えた日でした。それは、“もしかしたらバースト銃が合っている”と思ったからでした。14キルの19デスでキルレこそ割っているものの、体感としてそんなに悪くなかったんです。サブマシンガンとアサルトライフルは一通り使ってみると決めていたのですが、それが終わったらバースト銃をメインに使ってみようと思ったのは、この日が初めてでした。

 10日目は目についたUEVを片っ端から撃ち落として、チームに貢献しようと努めました。多分、筆者のようなゴミが自チームに貢献できるのはこのぐらいだろうという判断です。なんとも悲しい判断。だけど、スコアが結構オイシイので、損な役回りな気はしませんでした。

■勝利と憤怒とキルレ割れ

“こういう勝ち方じゃないんだよなー”という、無駄に意識の高い感じが11日目です。チームは、他のプレイヤーのみなさまのおかげで勝てたものの、自分の成績と言えばキルレ0.5以下! 悔しい3勝目となりました。勝ってるってことは負けている側よりも動き易いはずだから、もっと成績が良くてもいいはずなんですけどね。実力とは、こういうところに現れてくるものですね。

 キルレが珍しくも珍しく割らなかったのに、PS4の録画が失敗していて憤怒した記憶がある12日目。この日はやられる数はいつも通り多かったですが、それを上回るキルを取れて大満足でした。「キャプチャーギャラリー」を見てみたら録画時間が3分とか出ていて、「ハァァァァ!?」ってなりました。5日目でもキルレが割っていなかったのに録画が失敗していたことがトリガーになった模様。

 4点バーストのアサルトライフル、M8A7を担いで乗り込んだ13日目。これでサブマシンガンとアサルトライフルでの銃探しは最後になりました。勝てなかったし、キルレも割ったんですけどね! いや、でもやっぱりバースト銃は使い易いな、と思いました。リコイルコントロールの必要性が低いところが最大のポイントでしょうか。そして、心中で「明日もコレ使おう」と決めたのでした。

 13日目で心に決めていたので、14日目もM8A7で出撃! キルレ的には0.5以下でしたし、スペシャリスト・Ruinの床ドンも一度も使わずに終わりました。つまりは、何をやってもダメダメだった日でした。ド下手はド下手なりに、好調・不調があるんですね。何をしたらいいのか分からず、ボーッとしてたらやられてたって感じです。そりゃ床ドンの使い所もわからない訳で、敵がどこから来るのかなんて予想も立てられない訳です。

■これから

 キルレの目標はとりあえず、1.0! そして、UAVをもっと積極的に落とすこと。スペシャリストの能力の使い所を考えて覚えること。あんまりたくさんの目標を立ててもクリアできないと思うので、とりあえずはそんなところにしたいと思います。
 悩みどころは、各武器のアタッチメントとPerkです。バースト銃を使ってプレイしたいと思っているので、自分のプレイスタイルに合ったカスタマイズを探さないといけませんね。あとは、プレステージをするかどうか。これは、もう少し何種類かあるバースト銃を使ってから決めたいと思います。プレステージのメリットもろくに調べてないですし。

 ということで、3週目も目標を意識しながら頑張ります! 最後に、発売からこれまでの成績とシリーズ始まってからの勝敗を残して終わりたいと思います。

▲ひどい成績……。

▲ひどい成績……。

●シリーズ始まって以来の勝率=0.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA