【レポート】ROG シークレットイベントに行ってきた!

 2017年3月30日(木)に開催された“ASUS ROG シークレットイベント”に参加してきましたので、遅ればせながらレポートしたいと思います。

 そもそも、ROG(Republic of Gamers)とは何か、って話ですが、ざっくり言うとASUSが出すゲーマー向けPCやPCパーツのブランドです。マザーボードやグラフィックボード、マウスやヘッドセットなど、あらゆるゲーミングモデルを出しています。私、itraはマザーボードで採用しており、性能面でもビジュアル面でも大変満足いく使用感でございます。

 一旦、“ROGってなんぞや”というところを頭に入れてもらったところで、レポート開始です!

 19時開始ということで、約30分前の18時30分ごろ会場に到着した私は、さっそく会場内にたくさん置かれていたデモ機を物色。そこでは、やたらカッコイイPCケースを擁した1台と、傍らにキャリーケースとリュックが置かれた奇妙な1台が目を引きました。

 さてさて、ほかの端末も見つつ、「へー、『ゴーストリコン ワイルドランズ』を最高設定で動かせるのかー。超いいなー」とか思いながらぶらぶらしていると、あっという間に19時・開演となりました。

まずは、司会のStanSmithさんが登壇し、続いてASUSのソニックさんとジョージさんが登場。

▲左から、StanSmithさん、ジョージさん、ソニックさん。

 ソニックさんとジョージさんからは、イベント当日の3月30日に発表となった3つの新製品が紹介されました。1つ目は、ROG GR8 II。コンパクトなサイズながらもパワフルな性能を備えたPCで、GTX1060を搭載しVRも楽しめる画期的な商品となっています。私としては、何よりも見た目のカッコよさに惹かれました。50mくらい先から見たら、縦置きのPS4に見えなくもないですが、何がともあれ前面にあしらわれたLEDがカッコイイですよ、コレ。ゲーミングPCっていうのは、光ってなんぼですから! 私は基本的にPCを光らせたくて仕方がないので、とても嬉しい仕様でした。ちなみに、800万色・12パターンで光らせることができるらしいです!

 4月上旬発売で、価格はヨドバシカメラで調べたところi7-7700搭載モデルが215,780円、i5-7400搭載モデルが179,060円という価格でした。これは正直、ちょうどいい価格じゃないでしょうか。

▲中央の机に置いてあるのが、本体。

 続いて登場したのは、もんのすごいハイスペックPC、“ROG GT51CH”。開演前に目を引いた商品のうちの1つです。こいつはすごいですぜ。i7-7700K搭載、グラフィックボードにはGTX 1080を2枚もぶっ刺したモンスターゲーミングマシンです。さらに、CPUを冷却するための水冷、電源ユニットを冷却する独立型エアフロー、2枚のGTX 1080を冷却することに特化したエアフローの3つの冷却システムを持ち、長時間のゲームプレイにも耐えられる構造になっています。

 そしてそして、PCケースがめちゃくちゃカッコイイんですわ。さっきから、PCケースの話ばかりしてますけどね、本当にカッコイイんですよ。ケース前面の下部に取り付けられた、グラフィックボードを冷却するエアフローに使われているタービン風の吸気口がイイ!! このPCケースだけ欲しいレベルで素晴らしい。なんとなくですけどね、仮面ライダーのライダーベルトをも想起させるデザインに、私のワクワクが止まりませんでした。またこの吸気口にもLEDがついていて、これまた800万色の好きなカラーに変えることができるんですって。ニクイですなぁ。

 GT51CHは5月中旬以降発売開始で、メーカー希望小売価格は699,800円(+税)。ヨドバシカメラでは、755,780円で予約が開始されていました。かなりで結構な高価格となりますが、買える人は買った方が良いと思います! これ買えば、10年はPC買い替えなくてもいけるでしょう!

▲かなり大きい。

▲タービン風の吸気口、カッコイイなぁー。

 最後は、ゲーミングノートPC“ROG GX800VH”です。冒頭で目を引いた商品の内の1つ。画期的というか、斬新と言うか、そんな付属品を備えたスーパーハイエンドなゲーミングノートPC。このノートPC、先ほどのでっかい最強ゲーミングPC“GT51CH”と同様、GTX 1080を2枚搭載しているんですよ! CPUは17-7820HKが乗っていて、メモリも64GBあるので、もうゲームはなんでも動くって状態です。

 それでですね、このゲーミングノートPCを買うと、本体の後部に取り付ける冷却ユニットが付属してきます。これを取り付けることで、オーバークロックが可能になり、さらに快適なゲームプレイを体験できると、そういうことなんですね。しかし、聞いたことないですよね、冷却ユニットが付属したノートPCって。これはもう、すごいですよ。

 付属品はこれだけじゃないんですって! 持ち運ぶ用のキャリーケースとリュックも付属しているんですって! もうどこでもゲームできるってことですが、外出先でPCゲームをやるって気持ちがない私にはスタイリッシュなキャリーケースとバックパックにしか見えませんでした(笑)。

 価格は、メーカー希望小売価格で739,800円(+税)。4月7日から発売開始です! ヨドバシカメラでは、798,980円(+税)で予約受付中でした! もし、「買ったよ!」って方がいれば教えてください。普段のゲーミングスタイルについて、お聞きしたいです!

▲リュックは結構大きいです!

▲冷却キットを入れると、それなりに奥行きも必要になります。

▲本日の最高金額が見参!!

 さてさて、商品紹介コーナーはこれにて終了。次は、プロゲーミングチーム“野良連合”と来場者で『オーバーウォッチ』対決です。全3戦ありまして、1戦目は純粋に野良連合チーム vs 来場者チーム、2戦目と3戦目は野良連合3名+来場者3名を1チームとして戦いました。

▲野良連合のみなさん。

 1戦目のマップはキングスロウで、もちろん野良連合チームの圧勝。2戦目と3戦目は、それぞれコントロールルールのレイコウタワーとネパール。野良連合の選手が3名/3名に分かれたこともあってか、白熱の試合が展開されました。その様子は、下記動画にてご覧くださいませ。

試合はココをクリック!

 対決の終了とともに、イベントも終了。時間が許す限り、会場内に置いてあったデモ機の『ゴーストリコン ワイルドランズ』でドライブをしながらマップ発見率を上げようと勤しんでいました。

 最後に、筆者的にかなり気に入った商品をば、1つ紹介させていただきたいと思います。今回のイベント、新型のPCを体験するのが主な内容だったのですが、その中で私はヘッドセットを気に入ってしまいました!

 その名も、“ROG Strix Wireless”です。7.1ckサラウンドを搭載している点はもちろん評価に値しますが、最も気に入った点はイヤーカップの大きさと、装着した際の安定感です。

 イヤーカップは普段使っているRazer Krakenよりもかなり大きくて耳をすっぽりと余裕をもって包み込むため、長時間装着していても耳の周辺が痛くならなそうでした。また、頭頂部に接触するヘッドバンドで長さを調節することで安定感が生まれるので、これまた長時間のゲームプレイにはもってこいです。

▲デザインもグッド!

 Strix Wirelessは、ヨドバシカメラの価格で13,780円で売っているので、ヘッドセットの買い替えを考えている方はぜひ一度装着してみてください!

 さて、今回のイベントですが、最新のPCを体験することができる上に、ASUSの方の力の入った商品紹介を生で聞くことができて、とても楽しいイベントでした。また機会があれば、ぜひとも参加させてもらえればと思っています。ROGのPCケースは本気でかっこよかった……。それでは最後に、会場に置いてあったデモ機でもう1個カッコよかったPCケース(805 Infinity)の写真を貼りまして、記事を閉じたいと思います。ありがとうございました!

▲正面から見るとこんな感じ。

▲イルミネーションにはパターンもあります。

▲でも、横から見るとちゃんと中にはパーツが詰まっているんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA