【The Division】ギアスコア上昇にもってこい! 今から始める「サバイバル」ガイド

 第3弾拡張パック「Last Stand」で盛り上がりを見せているところではありますが、そこに向けて今から復帰・もしくは今から『ディビジョン』を始めるって人も多いんじゃないでしょうか。

 そんな中、密封武器パックや装備パックなどの“パック”(密封アイテム)を集めるには、「サバイバル」がオススメです! なぜなら、通常1時間ほどプレイしなければなりませんが、ダークゾーン(以下、DZ)内で手に入れた各種“パック”は生還に失敗してもいくつかは持ち帰ることができ、さらにはスコア次第で2個くらいは“パック”がもらえるからです! 
 また、“パック”には武器パックや装備パックのほかにもMODパックなんかもあったりして、自分が欲しい部分の装備をある程度狙って集められます。

 もちろん、生還成功すれば装備パックが4個手に入ります!

 さてさて、そんなサバイバルですが、若干流れが分かりづらいということもあるんじゃないでしょうか。本記事ではサバイバルの流れを、ちょっとしたポイントとともに追ってみようと思うのです。さらに、動画でも開始からミッションクリアまでをざっくりまとめているので、下記に貼っておきます。

 これからサバイバルに挑戦してみようという人は本記事と動画を見て読んで、参考にしてみてください!

※本記事は、「サバイバル」のPvEモードについての記事になります。


■スポーン地点の隠れ家でやること

 サバイバルのスタートは、隠れ家からです。ゲームがスタートする隠れ家には、必ず布(緑)と鎮痛剤が1個ずつあるので、必ず手に入れましょう。

 鎮痛剤は即座に接種することをオススメします。サバイバルは「生存できる残り時間」がイコール制限時間になるからです。鎮痛剤、もしくは薬の2種類が「生存できる残り時間」の減少を一時的に止めてくれる唯一の手段となります。

 布(緑)は、隠れ家内にあるクラフトステーションで防寒具にしましょう。慣れてきたら素材としてとっておくことも1つの手段ですが、最初のころは1つでも防寒具を装備しておく方が無難です。

 屋外は極寒なので、体温が徐々に低下していきます。画面右上に表示されている体温のバーがなくなってしまうと、凍傷になり少しずつ体力(HP)が減っていきます。さらに、視界も悪くなるので、まだ防寒具がそろい切らないゲーム序盤では特に体温管理に気を配りましょう。

 体温を上げる方法は、基本的には以下の3つがあります。

  • 屋外に置いてあるドラム缶をインタラクトしてたき火にする
  • 燃えている車であったまる
  • 屋内・地下に入る

■外に出たら素材集め

 極寒地でやることは、素材集めです。DZに入るためにはクラフトステーションで作れる「簡易ウイルスフィルター」の所持が必須条件となっています。この「簡易ウイルスフィルター」を作るためには、布(青)が2つ、ツール(青)が2つ必要です。これらの素材集めるのが、DZの外での活動の第1目標となります。

 道に落ちているコンテナから素材を集めることが主な入手方法になりますが、倒した敵が素材を落とすこともあります。念のため、布が入っているコンテナと、ツールが入っているコンテナの画像を下に掲載しておきます。

 各素材は隠れ家にあるクラフトステーションで3つ消費すると、1ランク上の素材1つに変換することができます。つまり、「簡易ウィルスフィルター」は布(緑)6つ、ツール(緑)6つを集めることでも作成することができるということです!

「ヘリコプター墜落現場」や「ランドマーク」に行けば、それなりに装備や素材を手に入れることができます。ただ、個人的にはそこまで大きなメリットを感じたことはないので、DZに向かいつつ素材を集める方が無難なように感じています。その辺にいる赤や紫の敵を倒して装備を集めつつ、素材も道すがら拾って「簡易ウイルスフィルター」作成を目指しましょう。

 もし、布とツールに余裕があれば、「高性能ウイルスフィルター」も作成してしまいましょう。DZ内でディビジョンテックを手に入れる際に有利になります。(「高性能ウイルスフィルター」が必要な“汚染エリア”にディビジョンテックがある場合が多いため)


■DZへGO!

「簡易ウイルスフィルター」を作ったら、いよいよDZに突入しましょう。1点だけ注意したいのは、DZ外の敵はDZ入口に近づくにつれて強くなっていく点です。DZ入口の近くでは高確率で黄色の敵がうろついています。装備が整っていれば倒してしまっても良いですが、自信がなければ物陰に隠れてやり過ごしましょう。ちなみに、入手できる素材もDZに近づくにつれて、上級のものが手に入るようになっています。

 さあ、そんな黄色くんたちをやったりやり過ごしたりして何とかDZに到達したら、まずはマップで抗ウイルス剤の位置を確認しましょう。この抗ウイルス剤は、パーティを組んでプレイしている場合には個々人によって場所がバラバラなので、全員で場所を確認してから効率の良い回収順で回収していきましょう。ちなみに、自分の抗ウイルス剤の位置は、画面上に虫眼鏡マークで方角が表示されています。


■フレアガンの作成と装備を整える

 抗ウイルス剤を取ると、同時にディビジョンテック(黄)も1個手に入ります。これは、回収用ヘリを呼ぶためのフレアガンを作るのに必要となります。フレアガンは、ディビジョンテック(黄)1個、武器パーツ(黄)2個で作成可能です。

 フレアガンを作成するための素材がそろったら、あとは装備を整えて回収用ヘリを呼び、生還するのみです!

 なぜ装備を整える必要があるのかと言うと、回収地点でフレアガンを撃つと、ハンターと呼ばれる「サバイバル」のボスみたいなNPCが出現するからです。ハンターは黄色の敵で回収地点にいるプレイヤーの数だけ出てきます。例えば、回収地点に3人のプレイヤーがいた場合、ハンターも3人出て来るということです。ハンターは強力で、自己回復もしてくるので手強い……。彼らに対処するために、装備を整えていくのです!

 DZ外と同様に、道端に落ちている素材を拾って装備を作るのも良いですが、ディビジョンテックを回収して装備を作るのが早いです。ディビジョンテックは武器パーツや布、ツールなどの素材に変換できるので、効率よく色々な装備を作ることが可能だからです。ディビジョンテックの場所は覚えるのが最高に効率が良いですが、覚えるまでは別記事「【THE DIVISION】サバイバル・DZ内ディビジョンテック場所まとめ」を参考に回収してみてください。

 マークスマンライフルの黄色武器を作成した場合は、防具よりも先に武器MODでスコープ(4倍率)を作った方が良いです。まぁ防具(布と電子機器)と武器MOD(武器パーツとツール)で使う素材が違うので、素材が足りなくなるということはないと思います。ディビジョンテックで素材を補っている場合、話は別だ!

ディビジョンテックを手に入れる方法には、下記の3つがあります。

  • 抗ウイルス剤のコンテナから入手(パーティ人数分手に入れられます)
  • ランドマーク等にいるネームドNPCを倒して入手
  • ディビジョンテック格納コンテナから入手

■クリア目前の注意点!

 フレアガンを作り、ハンターに対抗できる装備を整えたら、回収用ヘリを呼びましょう。回収地点でフレアガンを使うだけですが、ここで何点か注意しておかないといけないことがあります。

 それは、上述していますが“回収地点にいる人数分のハンターが出現する”というところです。誰かがヘリを呼ぶと、他のプレイヤーにも通知されマップ上でもどこの回収地点でヘリが呼ばれたかが表示されるようになっています。これを見つけたプレイヤーが寄ってくると、その分だけハンターが出現してしまいます。

 さらにもう1点、“回収用ヘリには最大で4人しか乗れない”点にも注意しましょう。誰がフレアガンを撃ってヘリを呼ぼうとも、ヘリの席争奪戦に負けたプレイヤーはヘリに乗ることができません。

 上記のことから、できるだけ人がいなさそうな回収地点を選んでヘリを呼ぶことが重要です。相手は人間なので、“ココなら絶対大丈夫!”という回収地点はありませんが、私がプレイした感覚としてはDZ6に近い回収地点ほど人が多いように思います。また、各種パックが回収地点に大量に落ちているようであればそこは避けたほうが良いでしょう。たくさんの人がその回収地点でヘリを呼んだという証です。

 逆に言うと、他プレイヤーのヘリに便乗すればフレアガンの作成は必要ありません。その場合、フレアガンを作成するのに必要なディビジョンテック(黄)と武器パーツ(黄)は節約できることになります。


 しっかりパーティ人数分のハンターを倒してミッションクリアできるのが、1番気持ちいいですね! 成功すればパック4個が確実に手に入るので、1時間以上かけてサバイバルをクリアしても効率が良いです。(経験値獲得によるフィールドマスターの獲得でも、1時間~2時間で獲得できる数には限りがあるため)

 さらに、冒頭でも書きましたがレベル30になった直後にギアスコアを上げる手段としても効率が良いので、最近『ディビジョン』を始めたという人も積極的にサバイバルをプレイしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA