【レインボーシックス シージ】3大反省点(3月17日配信)

 今回は、3月17日に配信した「【レインボーシックス シージ 配信 #11】野良ランクはつらいよ」で、反省するべき3つのシーンを振り返ります。強い味方とチームになれただけに、「ここはもっとこうすればよかったな」という後悔が強いので、記事にすることにしました。

■反省点1:焦燥よる残念エイム!(00:43:00)

 爆発の衝撃でカメラが揺れてしまい、そのタイミングで接敵してしまったので焦ってしまいました。エイムの荒ぶること荒ぶること! 2発くらいしか当たってないんじゃないでしょうか。加えて「来そうだな」と思っているのであれば、身を隠しながらリーンして待つなりして確実に倒せる方法で待っているべきでした。パルスをやり切れていれば、その後スモークにやられてしまうこともなかったはずです。

▲視点も荒ぶれば気持ちも荒ぶって、エイムも荒ぶる。落ち着いて狙えば、やれたはず!

▲視点も荒ぶれば気持ちも荒ぶって、エイムも荒ぶる。落ち着いて狙えば、やれたはず!

  • 「来る」と予想している場合は、確実にやり切れるポジションで待つ
  • カメラが揺れていても焦らない

■反省点2:安易! 非常に安易!!(1:12:20)

 外に何人いるのか確認できていない段階にも関わらず、安易に顔を出してしまいました。リーンすらせずに体を晒したのは非常に安易だったと思います。せめて、もう少し距離をとって壊されたバリケードの穴を覗くか、あるいはリーンをしながら出て行けばよかったですね。IQはマルチにおけるガジェットの有用性が低いと思っていましたが、それだけにガジェットでどこにいるかの予想ができない点はメリットになるな、と思いました。

▲そもそもこのタイミングで交戦するべきじゃなかったと思います。

▲そもそもこのタイミングで交戦するべきじゃなかったと思います。

  • 敵の数が確認できない段階で安易に顔を出さない
  • 覗くにしてもせめてリーンする

■反省点3:体を出せば思うツボ!(1:52:30)

 1ラウンド目でもリスキルに来ていたし、このラウンド開始の直前にフレンド(ざわわ)から「またリスキル来るかな」という発言もあったので、リスキルに来るとは思っていました。だから、スポーンして早々にADSをしてはいるのですが体の出し方がよろしくなかったですね。反省点2に通じるところもあるのですが、体全体を晒しちゃっています。消防車(?)に隠れながら、自分に有利な状態で撃ち返すべきでした。まさか3人も出てきているとは思いませんでしたが、それにしても堂々と出て行っちゃっているのはまずかったです。

▲まさかの3人! そして体は全体を晒している! そりゃ狩られます。

▲まさかの3人! そして体は全体を晒している! そりゃ狩られます。

  • 予想されるリスキルに対応する際は、屋外の遮蔽物で体を隠して撃つ
  • リスキルは1人とは限らないことも念頭に置く

■配信を終えての戦績

 勝率やキルレは変わりませんが、強い味方とチームを組むことができたのでパーソナルランクが「シルバーⅢ」に上がりました。ありがたやー! 遊撃が得意な人が1人いると違いますね。ちなみに筆者は大の苦手です。

  • パーソナルランク:シルバーⅢ
  • 勝率:1.1
  • キルレ:1.4

 パーソナルランクは「プラチナ」の上に「ダイヤモンド」があるらしい。道のりがより一層長くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA